激しい運動ができない?食事制限もしたくない?安心してください!それでもダイエットはできるんです。痩せる薬があれば可能です。どんなダイエット方法を試しても効果が実感できなかった人は試してみる価値ありです。

  • ホーム
  • 話題の糖質制限ダイエットの方法とは?

話題の糖質制限ダイエットの方法とは?

食べている男性

糖質制限ダイエットの具体的な方法は、主食である炭水化物のご飯やパン、麺類などの摂取を制限する、もしくは完全に抜いてしまうことです。
主食を抜いても大丈夫という方は中々いらっしゃらないと思いますが、安心してください。
糖質制限や抜いた生活を二週間ほど続けていれば自然と欲しなくなってきます。
糖質にはタバコのニコチンに似た依存性があると言われており、摂取すればするほどもっと食べたいと思ってしまうホルモンが分泌されます。
そのため糖質を摂り続けているうちは中々やめることができないのですが、制限することでその欲は落ち着くようになります。

また主食以外にもいも類や果物、甘い飲料やお酒なども糖質制限の対象となってきます。
ビールや日本酒が好きで毎日晩酌していたという方にとってはとても辛い方法ですが、ダイエットのために我慢する事も必要です。
糖質をとる事で血液中のブドウ糖濃度、血糖値が高まります。
ブドウ糖は体内で糖エネルギーに変換されて活動する事によって消費されます。
しかしそれだけでは限界があるので、使い切れなかった分は全て中性脂肪へと変わり、体内に蓄積されてしまうのです。

糖質は制限されますが、たんぱく質は毎日欠かさず必要量を確保するようにします。
人の体の大部分はたんぱく質で構成されているので、絶対に不足させてはいけません。
たんぱく質が不足してしまうと新陳代謝が低下してダイエットしにくい体になってしまいます。

また肌の調子が悪くなったり風邪をひきやすくなったりします。
ダイエットしようとしているのに脂肪が燃えにくい体になってしまったり、体の調子を悪くしてしまっては意味がありません。
そうならないためにも、たんぱく質を食べ物から取り切れない場合はプロテインを飲むなどして、不足分を補うようにしてください。
糖質制限を行う事で便秘になってしまいがちです。
それを解消するために食物繊維を多く含んだ食材を食べるように心がけてください。

糖質制限をすると何故痩せる?

みなさんダイエットをしようとする時、最初に何を控えますか。
いろいろ意見はあるとは思いますが、油ものを控える方が多いのではないでしょうか。
確かに油の取り過ぎは体によくありませんが、実は油などの脂肪より、ご飯やパンなどの炭水化物の方が太る原因になるのです。
実は炭水化物というのは食物繊維と”糖質”で構成されているので、味で感じる以上に多くの糖質が含まれています。

炭水化物を摂取するとブドウ糖に分解されます。
血液中にブドウ糖などの糖分が入ると血糖値が上がり、それを下げるために膵臓がインスリンという物質を出します。
このインスリンは血糖値を下げてくれるのですが、その代わりに脂肪をため込み、脂肪の分解を抑制する作用があるのです。
頻繁に糖分を摂って血糖値を上げすぎていると、インスリンによって太りやすく痩せにくい体質になる訳です。

そこで糖質制限が登場する訳ですが、糖質を摂らなければ血糖値が上がる事はありません。
血糖値が上がらなければ膵臓もインスリンを作らなくてもすみます。
インスリンを作って血糖値を下げる必要がなければ、脂肪をため込みにくく、脂肪の分解がされやすい体になるのです。

そもそも痩せるためにはいろいろ方法はありますが、全て摂取カロリーより消費カロリーを高くすることで身体についた脂肪を消費させようとしている訳です。
糖質制限とはカロリーの多い炭水化物を制限し、なおかつ血糖値の上昇を抑えてインスリンの育成を抑えて脂肪を燃焼しやすい体質にすることで、より効果的に痩せようというダイエット法です。

また血糖値が下がり過ぎると体をバランスをとるためにグルカゴンというホルモン物質を育成しますが、これが脂肪を燃焼してエネルギーにする働きをします。
甘いもの全般やパンなどの炭水化物以外のチーズや肉などは食事制限がないので、空腹感もあまりありません。
このような理由で、糖質制限は効果的に痩せる事ができるのです。

アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧