激しい運動ができない?食事制限もしたくない?安心してください!それでもダイエットはできるんです。痩せる薬があれば可能です。どんなダイエット方法を試しても効果が実感できなかった人は試してみる価値ありです。

  • ホーム
  • ゼニカルは代表的な痩せる薬です

ゼニカルは代表的な痩せる薬です

体重計と薬

痩せるための方法論には枚挙に暇がありません。
たくさんのダイエット法が提案されては消費されています。
食事制限などをせずに、できるだけ苦労を少なく痩せたいというのが多くの人にとって本音です。
そんな人の強力な味方になってくれるのが、ゼニカルです。

ゼニカルは痩せるための代表的な薬と言えます。
ゼニカルの主成分であるオルリスタットは、食事などに含まれる脂質の吸収を大幅に制限してくれます。
糖質やタンパク質といった基礎代謝を維持する上で必要な成分には効かず、高カロリーで燃焼されにくく、体脂肪として蓄えられてしまう脂質のみに作用するのが特徴です。
体に吸収される脂質の量が30%もカットされ、吸収されなかった脂質は便と一緒に体外に排出されます。
油が混じった便に驚く人も多いです。

ゼニカルに含まれる成分もまた、体外に排出されやすい性質を持ちます。
3日間から5日間をかけて99%は体外に排出されるので体への負担も少なく済み、安心です。
食事の量を変化させることなく痩せることが可能なため、ストレスを感じずにダイエットに成功できます。

服用の仕方もとても簡単です。
1回1錠を1日3回、食事に合わせて水と一緒に服用するだけです。
オルリスタットは食事中から食後に最も効果を発揮します。
タイミングを計って飲むと良いです。
食前に服用しても構いませんが、少し効果が薄れる可能性はあります。
手っ取り早く高い効果を得ようと欲張って、1回に2錠飲む人がいます。
一度にたくさん飲むとホルモンバランスの乱れや肌の乾燥などトラブルの原因にもなりかねないので、用法を守って飲むことが大事です。
ただ、服用期間の制限は設けられていないため、長期の服用も可能です。
依存性もなく安心して飲めます。

他にも痩せるための薬は存在しますが、中には脳に働きかけて食欲を抑制するタイプのものもあります。
これらは依存性を引き起こす可能性もありますが、ゼニカルにその心配は必要ないです。
できるだけ体や心に負担をかけずに痩せることを目指すなら、ゼニカルは優秀な選択肢です。

ゼニカルは脾臓への負担が少なく済む

痩せること自体は体にいいことであっても、その過程では厳しい食事制限をしたりと体や心に負担があるのは半ば当たり前です。
しかし、ゼニカルならそれらの負担が少ないばかりか脾臓への負担も少なくて済みます。

一体どういうことかというと、脾臓に含まれる消化酵素の働きを抑えるため余分な脂質が体に吸収されることを防いでくれるのです。
ゼニカルという薬の成分にはオルリスタットというものが含まれており、これが摂取した脂質を脂肪酸に分解するリパーゼを抑える作用をして痩せることができるのです。
脂質というものは体についたあとに燃焼させることが難しいにもかかわらず、食べ物として摂取してしまいがちです。
この脂質が体に取り込まれにくくなること自体が痩せるために大きく貢献してくれることになります。

注意するべきこととしては、ゼニカルは体脂肪を落とす効果があるわけではないということです。
あくまでも新しくついてしまうことを防いでくれる薬として認識しておきましょう。
それでも、痩せるためには体脂肪をどのようにして増やさないようにするか、そして減らしていくかと突き詰めていくことに変わりはないのでゼニカルはその点に置いて間違いなく強い味方となってくれます。

脾臓の働きに直接関わっていることから、副作用を心配される方もいますが特筆するような重い副作用はないので安心して服用することができます。
強いて言えば、脂肪を便と一緒に排出する仕組みになっているために、人によっては飲み始めに下痢になる場合があります。
体質によって大きな差がありますが、早い人なら約1週間から、長い場合は数か月ほど影響が出ます。

また、脂肪と一緒に吸収しやすいビタミンは逆に吸収しにくくなるため不足しやすくなります。
意識してビタミンを多めに摂取するようにして、状況に応じてサプリメントなども併用するといいでしょう。

アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧